テーマ:音楽

【nice music】 THE END OF THE WORLD 石嶺聡子

石嶺聡子というシンガー、歌はうまい。何と言うのか、POPSのお手本のような歌声を聴かせてくれる。私の手元には、『INNOCENT』というアルバムがあるが、収録曲はまるで、POPSコンテストの課題曲集のようである。嫌味なく響く歌声は、晴れた夜のドライブのBGMには最適だろう。 石嶺という苗字からも分かるように、彼女は沖縄出身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 君の名前 熊木杏里

NHKで放送しているワンダーワンダーという番組のテーマソング。番組の映像のチカラが大きいのは確かだが、なかなか「スケールの大きな切なさ」を漂わせている曲である。 歌っている熊木杏里は、長野県千曲市の出身らしい。千曲市は杏(あんず)の里として長野県内では有名なところ。彼女の名前もそこからつけられたみたいです。 この声、どこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 風になりたい夜 稲垣潤一( 迷路 伊豆田洋之 )

高校生の頃の定番ミュージシャンの一人に、稲垣潤一がいた。もちろん、今でも現役で活動しているはずだが、私は、大学生をやってる頃に聞かなくなってしまったように思う。 部屋の整理をしていて、伊豆田洋之のCD「DREAMS」を見つけた。ポール・マッカートニー風の曲を書くメロディメーカーである。そのCDのラストから2曲目に「迷路」という曲が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 胸が痛い 憂歌団

大阪が誇るking of blues、憂歌団の代表曲。アルバム「Good Time's Rollin'」に収められている。 オリンピックやサイトウキネンでホールが増えた長野県だが、箱物がない時代の夏は、野外コンサートが盛んだった。 空き地ならばいっぱいある。音楽でも演ろう-。そんな思い切りの良さが、私は大好きだったのだが、ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 Swallow 鈴木祥子

鈴木祥子のセカンドアルバム「水の冠」に収録。静かな歌声にアコースティックギターの響きが良く似合う。聞けなかった、あるいは聞かせなかった言葉を置いたままに別れ行く二人・・・。私がこの曲を始めて聞いたのは、20歳の頃。友人の車の中だった。切ないなぁ~、と目つきが遠くなってしまったのだった。その後の私自身は、とてもこの境地には至れず、泥仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 ひかりのうた Leyona

ずいぶん便利な世の中になったものだなぁ、と思うコトの一つなのだが、放送局の番組ホームページを覗くと、オンエアリストなるもので、かかっていた曲名などを調べることができるようになっている。今や当たり前のことなんだろうが、かつて私の若かりし頃は、フレーズを覚えておき、雑誌で調べたり、レコード店の店員さんに相談したり、とかなりエネルギーを使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 CRY ON YOUR SMILE 久保田利伸

ファーストアルバム「SHAKE IT PARADISE」がリリースされた当時、高校の同級生の間でちょっとした話題になった。若者得意の「いいもん、見つけたっ!」である。本格的なブレイクまでは、その後しばらくかかったように記憶するが、この「CRY ON YOUR SMILE」も久保田のメジャー化に一役買ったはずで、アルバムではベスト盤の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 まぶしい草野球 松任谷由実

1980年発売の松任谷由実10枚目のオリジナルアルバム「SURF&SNOW」に収録。私はまだ10歳であり、この曲は当時の不二家「ソフトエクレア」のCMで流れていたのを聴いていただけ。少年野球をやっていた私には、野球つながりがあって印象に残っていたのだが、私の曲の好みが、その頃から変わらないということの証左でもあって面白く思う。 ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 終章~エピローグ~ CHAGE

何でも30年前の曲だとか。私が聴いたのは学生時代にレンタルCD屋さんで借りた「PRIDE」というアルバムである。当時、バンド名の「チャゲ&飛鳥」が「CHAGE&ASKA」と表記が変わったのは何故?と思った頃の古いお話。 私は彼らの熱心なファンではなかったので、あんまり言う資格はないけれど「SAY YES」や「YAH YAH YAH…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 せぷてんばぁ CRAZY KEN BAND

古い曲らしいが、私はつい最近ラジオで耳にしてぴたりツボ。 夏の終わりの切なさを漂わせ、関西人からすると、憧れのYOKOHAMA GROOVEといったところか。 CRAZY KEN BANDの横山剣も、自身のフェイバリットに挙げている。 クレイジー・ケン・バンドベスト Oldies but GoodiesAlmond…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 僕が僕であるために 尾崎豊

1つ前のこの欄に、ハウンドドッグを私にとっての「現役世代」と書いたが、 その意味では、この尾崎豊は外せない人物となっている。 私が大学を卒業して社会人になった春に、彼は亡くなった。 ちょうど新入社員研修の最中で、出会ったばかりでぎこちない空気も漂う同期たちの間で「尾崎、死んだってよ」というニュースが駆け巡った。 その夜の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 遠くで汽笛を聞きながら 大友康平

オリジナルはアリスで、1976年にリリースされている。 当時私はまだ6歳。当然、現役で聴いていたわけではない。 この曲を私にとっての現役世代、ハウンドドッグの大友康平がカバーした。 重ねた年齢が生んだ渋いパフォーマンスを味わえるステージである。 大友のアルバム「J-STANDARD 70's」に収録されている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 Countdown To Love Greg Phillinganes

映画「Streets of Fire」に登場するソレルズというバンドが、バスの中でアカペラで披露していた曲。 This is B級映画 って感じのアクション映画(ロックンロールを題材にした西部劇・・みたいなもんである)だが、私前後の年齢層の人には、ドはまりしている人も多いハズ。 若き日のダイアン・レイン、ウィレム・デフォーが出演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 YOU サザンオールスターズ

1990年発表のアルバム「Southern All Stars」に収録されている曲。 1985年のアルバム「KAMAKURA」の発表後、活動を休止していたサザンオールスターズにとって久々のオリジナルアルバムとなった。 最高傑作との呼び声も高い「KAMAKURA」から、5年のブランクを経てのアルバム発表だったが、アルバムタイトルに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 SWEET MEMORIES 上田正樹

松田聖子の名曲「SWEET MEMORIES」を、上田正樹がカバー。 アルバム「Soulscape」に収録されている。 長野県松本市「アルプス公園」でのブルースフェスで聴いた彼の歌声は今でも忘れられない。 夏とは言え、雨上がりの松本は肌寒く、かつ素人による運営かと思われ、音響は最悪。 そんな悪条件の中、かえって生声に近い歌声…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 ケサラ RIKUO(リクオ)

もう10年くらい前に、長野県茅野市での野外コンサートで聴いた1曲。当時は信州の各地で野外コンサートが行われていたものだった。この時、スターダスト・レビューの前座で出てきたリクオは、この曲を含め2曲ほど歌っていった。 夕焼け空にとても似合う演奏だった。 元々はイタリアのカンツォーネの曲。日本では、越路吹雪の歌が有名みたいで、リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 流星のタイムカプセル dorlis

dorisのメジャー1stアルバム「swingin’street」に収録されている曲。 数年前、FMで聴いて、おおっと思い手に入れました。 センチメンタルの地平を、ただひたすらトレースするような曲想が、私にはぴたりツボである。 好みを言わせてもらえば、ストリングスだと重すぎるなぁ・・・と。 が、それも、アルバム全体はスウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 君の瞳に恋してる NOB SUMMER

TUBEの前田亘輝が、NOB SUMMERなる名義で発表したポピュラーの定番。アルバム「good day sunshine」に収録されている。 NHKの番組に前田が出演し、それを見かけて気に入り、捜索開始。 テレビではもう少し、カタく歌っていたように記憶しているが、アルバム中ではボーナストラック的に、とても砕けたアレンジで収まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】  あなたに 玉置浩二(安全地帯)

「安全地帯Ⅱ」というアルバムに収録されている、安全地帯初期の名曲。 枯れ味も出てきた玉置浩二時代のボーカルだと、なお味わいが深くなる。 以前、ライブに出かけたことがあったが、なんと会場スピーカーのまん前という恐ろしい席だった。 それにしても、玉置浩二という人物、もう少しメロディメーカーとしても評価されても良いのではないだろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】  卒業 斉藤由貴

斉藤由貴のデビュー曲。王道歌謡曲といったところか。しかし、それにしてもよく出来た曲であると思う。 この曲は、作詞:松本隆/作曲:筒美京平 となっているが、斉藤自身も、自身のアルバムなどではよく作詞を手がけていた。アルバム「ガラスの鼓動」は、けだし名盤(1986年発表のオリジナル版にはこの「卒業」は入っていません。2008年盤には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】  去年マリエンバードで 早瀬優香子

同名のフランス映画もあるが、関連は不明(映画のタイトルは、マリエンバー「ト」になっている)。 早瀬優香子の歌声が、アンニュイな雰囲気を醸し出して、お気に入りの1曲である。 この雰囲気に惹かれて、彼女のほかの曲を探して聴いてみたが、残念ながらほとんど外れ(私の好みでの話だが)。 むか~し、カヒミ・カリィが、FM番組で、早瀬のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【nice music】 チャイナタウン 矢沢永吉

実は、矢沢永吉は、ほとんど聴いたことがない。 でも、知らず知らずに耳にすることが多いのは確か。 この「チャイナタウン」という曲に関しては、中森明菜がカバーしていて、私の場合はそちらを先に耳にした。 で、それを調べているうちに、矢沢永吉の曲だということを知った次第である。 youtubeで見かけた、この演奏。ラフで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月28日 5,550歩 歩道橋って何年ぶりだろう

本日のウォーキングは、午後5時半に出発。 昨日より暑い。出発してすぐに汗がにじんできた。 例によってあてもなく歩き、歩道橋を見かけたので渡ってみることにした。 さてなぁ・・歩道橋を渡るのなんて、何年ぶりかな。 学生の頃、会社訪問で行った富士市で渡ったのが最後だったかなぁ。そういえば、あの時は地元のヤンキーの兄ちゃんに絡まれて難儀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more