秋晴れののどかな一日

『親分、おはようさんなのだ』 「おはよう、えびさん。また、今朝も私は布団から追い出されてしまったよ・・・」 『・・・?。お布団戦争に関しては、毎朝、親分に文句をつけられるのに、今朝は優しいのだ。いやあな予感がするのだ』 「ふふふ。えびさん、今朝のいやあな予感は正解だ。お掃除が終わったら、私はお出かけしてくるぞ」 『そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋分の日に蚊に刺された親分は、猫たちのために刺身を買うことに

プーン、プーン・・・・ 『親分!親分! 蚊がいるよっ。起きて蚊を撃墜するのだっ!』 「・・・・なんだ・・って・・・。うううう、かゆいぞ~。耳たぶがかゆいぞ~」 『蚊がいるんだよ、親分!』 「夜中の3時半だぞ・・・。お前が撃墜しろよ」 『オイラの肉球の手じゃ無理なのだ』 パンっ! 「やったぞ。撃墜だ。今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シーズンも押し迫り、親分は変化球に磨きをかける

『親分が、ピッチング練習をしているのだ~』 「古典的だけどね、こうしてタオルを振って投げる練習をすると、フォームが固まるんだよ」 『親分はどうしても、内野手投げになるね~』 「そうなんだよ。基本的には内野手だからな。30年以上やってると、投げ方は固まってしまっているよ」 『それを今さら、フォーム矯正するの?』 「さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親分、仲秋の名月に入れこむ。

『9月8日は仲秋の名月です。親分は、夜の散歩を兼ねて写真を撮ってくると言っております』 「えびさん、ちょっくら出かけてくる。この前の俳句から、月に縁があるなっ!」 『親分がやけにハイになってるのだ。』 「ソウサクイヨクってやつだっ。なんてったって満月だからなっ!  じゃ、行ってくる!」 『親分!親分! 今日のお月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親分、猫たちにあおられ俳句を詠む

『えびさん、えびさん・・・・』 『どうしたのだ? クロちゃん』 『ここのところ、親分さんは忙しいんですかね~?』 『どうしてそう思うのだ?』 『また、ブログが停滞気味だったので・・・』 「お前たちっ。聞こえているぞ!!」 『げげっ』 『わっ』 「白々しい・・・」 「お前たちが活躍しないから、ネタに困っていた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

親分、次回登板へむけて、ニャンコ体操を教わる

「えびさん、いや、えび様、ちょっと教えて欲しいことがあるんだけど・・・」 『何なのだ~?』 「お疲れのところを申し訳ないんだけどね、ニャンコ体操を教えて欲しいんだ」 『体のカタイ親分が?ニャンコ体操?どうしたのだ?』 「お盆の野球大会でピッチャーをしてね、体が固まりそうなんだよ。んでもって、今度の土曜日にも試合が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えびさん、クロちゃんとの約束を果たす

「こらっ、えびぞー!」 『なんなのだ~』 「とぼけてもダメだ。お前、今朝、脱走しただろ?お家の外で目撃した人がいたぞっ」 『だって、玄関の扉があいていたから・・・』 『お外に出たくなるのは本能なのだ』 「まったく・・・。一応、ノミ取りのお薬を塗っておくぞ」 『うう~。肩甲骨の間にお薬が・・・。つべたい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏バテえびさん、野良猫の台頭を許す?

「こんちは!クロちゃん。今日はいくぶん涼しいね」 『親分さん、お出かけでしたか~』 「ちょっと資料本を買いにね。・・・おや、野良猫くんだ」 『♪俺は野良猫~。ブイブイいわすぜ~』 『僕は面倒は嫌なので、目をあわさないようにするのですぅ』 「クロちゃんはケンカをしない、優しい子だなっ」 『だけど、あの野良猫…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

何もこんな日に・・・。親分、ナイターでピッチャーをする

『親分、今日は暑いね。ひどすぎるのだ』 「そうだよなぁ。38.7度になったらしいぞ。本日(7月26日)、日本第2位の暑さらしい」 『どうせなら、1位になってくれた方が良いような気がするのだ・・・』 『オイラは毛皮を着ているから、とにかく熱がこもって・・・・』 「お隣のクロちゃんにもさっき会ったんだけど、今日のお散歩は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海の日のツーリングで、親分、そばを食う

『親分の足は最高の枕なのだ~』 『・・・だけど・・・・』 『親分、起きるのだ。今日は、海の日なのだ~』 「・・・おはよう、えびさん・・・」 『はやく遊ぶのだ』 「えびさん、今日は申し訳ないが遊べないよ。友達のツーリングにつきあうことになってるから」 『親分、バイクなんてもってないじゃん!』 「そうな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えびさん、親分をなぐさめる???

「♪~ ブーゲンビリアの花びらが散る~」 「♪ 甘い酒を~ 飲み過ぎた~」 「♪ サンバのリズムが~ 遠くで停まる」 「♪ 白い船を~ 見つめてる」 「♪ 昨日別れた女より~」 「♪ 思い出すのは おまえのことさ」 「♪ 涼しい風に吹かれて~」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中央フリーウェイ」が待てなくて

『親分さん、お帰りなさい。お出かけでしたか~』 「やあ、クロちゃん。怪我が治って何よりだったね」 『野良猫クンにやられちゃいました。えびさんが『仇をうつのだ』って言ってくれてましたが・・・』 「あいつはタヌキまでは撃墜するからなぁ。困ったときは相談してみると良いよ」 『そうするのですぅ。ところで、親分さん、その袋は何です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えびさん、自由研究に取り組み、親分に反省を促す

『親分!暑いのだ~。オイラはのびてしまったのだ~』 「えびさん、タンスの上なんかに上がるから、余計に暑いんだよ」 『どうしてなのだ~?』 「あったかい空気は、上に上がっていくんだよ。そのタンスの上はきっと、我が家で一番暑い場所だ」 『????』 「どうした?なっとくいかん顔をしてるぞ?」 『この前、親分は中学生の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親分の、世界猫歩き 鳥取の海辺

『親分、まさかとは思うけど、お出かけじゃないだろうね?』 「えびさん、すまぬが、君の勘は当たったようだよ。ちょっと鳥取へ出かけてくる」 『鳥取はこの前も行ったじゃないか~』 「実はその時に、猫がいっぱいいる海岸を見つけたんだ。そこへ行ってくるよ」 「題して、親分の、世界猫歩き だ」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セルジオえびさん、日本対コロンビアを前半で見極める

「えびさん・・・、結局日本代表は負けてしまったよ」 『オイラは前半戦だけでギブアップだったのだ~』 「どうして、後半は見なかったんだ?」 『コロンビアはメンバーを落としてたのに、あの展開じゃあ、と思ったのだ』 「えびさんは、セルジオ越後並に厳しいなぁ・・・」 『だいたい、勝ちたい!ってよりも自分たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶対に負けられない戦い、なのだ

『がお~』 「こらっ、えびさん。そんなところをガリガリするんじゃありませんっ!」 『オイラは戦闘態勢に入ったのだ~』 「・・・えびさん、サッカーの代表戦は明日だよ。まだ気合を入れるには早すぎるよ」 『サッカーどころじゃないのだ。お隣のクロちゃんが野良くんにやられて怪我をしたのだ』 「そうみたいだな、私も話は聞いたぞ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カップヌードルチャレンジ 鳥取砂丘ラグビー大会

『雨降りなのだ~。だけど親分はお出かけ中なのだ~』 「ただいま~、なのだ」 『親分がオイラの口調をまねっこしてるのだ。・・・・お帰りなのだっ、親分!』 『どこに行ってたの?』 「鳥取砂丘だよ」 「海っ」 「砂丘っ」 「そして、カニっ」 『・・・・何し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本ダービーでエコロジーライフ

『親分、暑いよ。お部屋を夏モードにしようよ~』 「そうだなぁ。気温が30度を超えるようになったしなぁ」 『このコタツ布団が暑苦しいのだ』 「よしっ!」 「えびさん、どいておくれっ」 『・・・・』 「何をしてるんだ?コタツ布団を片づけるぞっ」 『今、この冬の間のお礼を言っていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親分、天空の城へ登城でござる

『親分さん、こんにちは。お出かけでしたかぁ』 「ただいま、クロちゃん。私は竹田城へ行ってきたよ。うちのえびぞーはどうしてる?」 『さっきまで窓のところにいたんですが、トイレに行くって言って、お部屋の方へ戻って行きましたよ』 「そう、ありがとう。     えび~」 『何なのだ~』 「帰ったぞよ。余の帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

説得は、何を言うかではなくて、どんな人が言うかが大切なのだ

『親分、何をしているのだ?』 「今日はいいお天気だからね、窓際に座って本を読んでいるんだよ」 『オイラもそこへ行くのだ』 『お膝を借りるのだ~』 「えびさん、本が読めないよ」 『お膝に本を置いても親分しか楽しくないけど、オイラを載せるとオイラも親分も幸せなのだ~』 「否定はしませんが・・・・」 『体をペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えびさん、クロちゃん、親分に怒られる

『あれあれ~』 「えびさん、どうしたの?」 『クロちゃ~ん!』 「クロちゃんがいるのかぁ」 『こんにちは。僕は屋根散歩に出かけたのでした~』 『だんだん暑くなってきたね~』 「クロちゃん、屋根散歩は良いけど、家の屋根は金属製だから、この先の季節は火傷に注意だよ」 『ありがとうございます。気をつけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデンウィークの反省

『親分、今日でゴールデンウィークもおしまいだよ。どこへも出かけなかったのはどうしてなのだ?』 「・・・それがさぁ・・。皐月賞で3連単を当てただろ?それを資金に天皇賞で勝負に行ったんだが・・・」 『外れたんだね、例によって・・・』 「面目ない。1着馬も2着馬も当てながら、4着馬と3着馬が逆だった・・・」 『親分は予想上手の馬券…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えびさん、鯛につられる

『こんにちは~。えびさん、親分さん、屋根からお邪魔しますよ~』 『親分、お隣のクロちゃんが遊びに来たよ』 「お~、クロちゃん、元気だったか?」 『おかげさまで、元気ですよ~』 『どうしておかげさまなのだ?』 『この前、僕の家族の旅行中に、親分さんにゴハンのお世話になったのですぅ』 『オイラも一緒にお世話に行き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お~やぶんぶんぶぶんぶん。バイクに乗る

『ねえ、親分。今日はあったかいのに、どうして長袖の上着を着ているの?』 「うん?そうかぁ、寒いじゃないか・・・」 『ぜんぜんっ寒くなんてないよ。何かいやぁな予感がするのだ・・・』 「さすがに勘が鋭いな。正直に言おう、今日は友達とツーリングに行くんだ」 『やっぱり!オイラをおいてお出かけするつもりなのだっ』 「すまん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

親分は、STAP細胞に期待して、オーバーヘッドなのだ

『えびさん、親分さんがクルマでお出かけだそうですよ~』 『そうなんだよ、クロちゃん。親分は今日、病院でMRI検査を受けるのだ』 『MRI?』 『MRIはね、Magnetic Resonance Iimagingの頭文字なのだ。化学分析で使うNMRを医療用に転化したものなのだ。ちなみに、NMRは、Nuclear Magn…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ブラッシ音頭、発売中止

『親分、いいお天気だね~。鳥さんも鳴いているのだ』 「えびさん、お腹の毛が乱れているね。ブラッシングをしに行こう」 『これは、乱れているんじゃなくて、親分が毛玉カットに失敗して、トラ刈りになってるだけなのだ』 「ごめんよ、私はほんとに不器用なんだ・・・」 『・・・まあ、お詫びのブラッシングとして、受けてあげるのだ』 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

親分、首を痛めて、えびさんに噛まれる

『おはようなのだ、親分』 「また、布団の真ん中に・・・。布団大王だな、お前は」 『今日もいいお天気だよ、オイラ、さっそく日光浴がしたいよ』 「わかったよ」 「どうよ!」 『気持ちいいのだ~』 「えびさん、今日、私は病院へ行ってくるからな」 『オイラは行かないよ~。病院は嫌いなのだ』 『…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

早起き親分の桜レポート

『親分、今朝はずいぶん早くから活動してたね。朝6時前から出撃してたのだ』 「桜が良い感じで咲いているからね。早朝の人が少ないうちに、見てこようと思ったんだ」 『カメラを持って行ったでしょ?写真を見せるのだ~』 「まず、なんとなくご近所の屋根を撮ってみた」 『まだ、お空がそんなには明るくないね』 「役場の前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親分、空の駅、餘部へ出かける

「えびぞー、私は餘部へ出かけてくるからなっ。留守番を頼んだぞ」 『親分、花粉症は治ったの?』 「おう、完全復活だ。なので、ちょっと出かけてくる」 『親分は出かけてしまったのだ。餘部ってどこ?ってなる読者の方に、オイラから説明すると・・・ まず、“あまるべ” と読みます。昔は、とても高い鉄橋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親分、花粉症にやられる

『親分、横になって何をしているの~?』 「久々に花粉症らしきアレルギーにやられてね・・・。いろいろな症状が出てきて、いまは腕の付け根のコリがひどいんで、マッサージクッションを使っているんだよ」 『よく分からないのだ・・・・』 『この、グリグリ動いてるものが気になるのだ』 「えびさん、それはモミ玉だ。かじっちゃいけませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more