【予想】 第65回阪神ジュベナイルフィリーズ ★きっちり当てにいく競馬★

粒ぞろい、と評価される今年の2歳牝馬の女王決定戦、阪神JF(ジュベナイルフィリーズ)。まだまだはっきりとした脚質も定まらない年齢でもあり、レースのペース予想も難しいところ。どうでも、という逃げ馬の姿はなく、好位、差し勢が大半。ペースはさほどあがらず、団子状態での流れをそうぞうするが、だとすれば折り合いと勝負根性に着目する手か。

◎本命は、マーブルカテドラル。新潟2歳Sでの敗戦後、レースにおけるポジション取りを一段下げた。それが功を奏したか、芙蓉S、アルテミスSを連勝し勢いに乗る。芙蓉Sでは直線の急坂を、アルテミスSでは鞍ズレを跳ね返しての勝利であり内容は濃い。新潟2歳で千切られたハープスターとはここで再戦となるが、あちらは休み明け。使われてきた順調さと経験値を加味してここで逆転。

○対抗は、ホウライアキコ。デビュー戦は1,200mでレコード勝ち。2戦目の重賞は重馬場を克服し、3戦目では牡馬混合のマイル戦でレコード勝ち。実績だけを見るならこれが断然。逃げまである先行脚質だが、末脚もなかなか崩れない。相手馬がどうこうではなく、大外枠と直線の坂が今回の強敵。こなすなら頭まで十分にありうる。

▲単穴は、フォーエバーモア。2戦2勝とこれも無敗馬。初めての右回りと輸送競馬が課題となるが、マイルのデビュー戦で好センスを示しており、期待値は大きい。

△押さえの筆頭は、マジックタイム。出遅れ癖はいかんともしがたいが、その分末脚は確実。阪神外回りのここならば、上位争いにはからめそう。

△押さえの2頭目は、ダイヤモンドハイ。人気の一角を占めそうなレーヴデトワールとは新馬戦でハナ差負け。性能的には大差ない。マイル戦ばかりを使われて未勝利を勝ったばかりだが、どうも相手なりの気配が漂う一頭。武幸四郎鞍上も不気味。

△押さえの3頭目は、クリスマス。前走は休み明け。加えて抑えて窮屈な競馬。叩き2走目のここ、自分のペースで飛ばすなら前残りの目は十分ありうる。

△押さえの4頭目は、グランシェリー。1週前の稽古が1番時計。こっそりオープン勝ちもある、正真正銘のダークホース。動きの良さを買いたい叩き2走目。


ハープスターは、3か月半の休み明けを嫌い無印。レース振りもエンジンのかかりは遅いタイプで、新潟ほど優雅に進めては間に合わないと見ました。

レーヴデトワールは、中1週が忙しい上に、川田→福永の乗り替わりで評価下げ。馬券種によってはオッズを見ながら押さえを検討レベル。

レッドリヴェール。初戦の切れ味、2戦目の勝負根性が素晴らしく、本来ならば本命候補。休み明けも苦にしないタイプのようだが、札幌線のダメージが相当深そうで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック