【予想】 第74回菊花賞 ★きっちり当てにいく競馬★

今年のクラシックロード最終戦菊花賞は、春の実績馬エピファネイアが断然人気。皐月賞馬、ダービー馬の参戦がなく、この両レースで2着したエピファネイアが前哨戦の神戸新聞杯を圧勝している以上、これは致し方なし。その存在は他馬に比べて2枚上の評価でも良いのかもしれない。ただ、エピファネイアの課題は、気性ゆえの折り合い。前走では、それをクリアしてみせたものの、それだけではまだまだ万全とは言えない代物だろう。他の馬に負けるのではなく、自滅の形は十分考えられるし、今回の枠順はやや厳しい感じ。
内目の枠自体は良い。ただ、周りの馬に恵まれなかったと思うのだ。一つ内枠のネコタイショウは、バンデやナリタパイレーツとハナを競って飛び出しそうだし、その向こうのケイアイチョウサンと自身の外2枠は後方一気の競馬に備えて控えそう。すなわちスタート直後に周りから馬が消える場面がありうる枠順だ。ポンっと出てネコについていくことはできそうだが、そうすると先行争いの中でスタミナを消費しそうだし、かと言って控えてみても、エアポケットの中で折り合えるのか、という疑問がついて回る。加えて、馬なり騎乗で工夫のない、リアクションオンリーの鞍上福永・・・。波乱の芽を内包するレースと言えそうだ。

◎本命は、ラストインパクト。前走、神戸新聞杯はエピファの7着。しかしながら、これは出走直前の落鉄、再装でぐっとテンションが上がってしまっての自滅。春には青葉賞で首差3着があるように、本来は距離に不安はないタイプ。エンジンのかかりが遅いが、むしろ長距離で生きる特性であり、その分長く使える脚が混戦で武器となる。

○対抗は、アドマイヤスピカ。末脚の切れ味はメンバー随一。左回りでは結果が出せなかったが、右回りの前走、セントライト記念では久々の剛脚を披露し勝ち馬から0.1秒差3着。菊にしては流れそうなペースと右回りに期待して。

▲単穴は、エピファネイア。実績は断然。さすがに無印は・・・。何しろ休み明けの前走、神戸新聞杯では2着以下を0.4秒以上突き放す圧勝ぶりで、あっさりがあってむしろ当然。印を下げたのは、冒頭に触れた波乱の芽を感じるから。

△押さえの筆頭は、マジェスティハーツ。神戸新聞杯では他を圧する末脚を繰り出した。同じ競馬を狙うなら、この大外枠も却って歓迎。割り切れる武鞍上も面白い。

△押さえの2頭目は、ケイアイチョウサン。セントライト記念が案外だったが、流れが向かなかったのは確か。それでも最速の上りの脚は繰り出しており、今回の方が流れは向きそうで。

(△押さえの3頭目は、フルーキー。2000m戦すら使われておらず、常識的には狙いづらい。ただ行きたがる気性ではないようで、距離をこなす可能性はある。自分の競馬に徹して。

△押さえの4頭目は、サトノノブレス。じりっぽいが、坂の下りを利用する競馬ができれば。競り合えばしぶとい。)

※フルーキー、サトノはオッズを見ながら・・・。
◎○2頭軸の三連複で勝負!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • お出かけ禁止なのだ

    Excerpt: 『じゃんっ。えびぞーなのだ。オイラは今、親分の肩に乗っているのだ』 Weblog: HERMIT COMPLEX racked: 2013-10-19 11:37
  • 菊花賞の予想 買いデータ&消しデータまとめ

    Excerpt: [AD]儲かる投資競馬!今週の無料公開情報は「菊花賞」!! 菊花賞の予想 菊花賞データ対応馬柱はコチラ [菊花賞データまとめ] ◎前走1着馬で当日1番人気 (3-1-1-0).. Weblog: 激走!データ競馬ブログ racked: 2013-10-19 13:06