スパゲティ・イタリアン(ナポリタン) おとな味 作ってみました

私が子供の頃のスパゲティといえば、ミートソースか、このイタリアンが定番でした。イタリアンは、ナポリタンとも言いますね。ちなみに、Italyには存在しないパスタ料理らしいです。
画像

まだ、パスタなどというこじゃれた言い方などなく、ケチャップ味の赤い麺類、それがスパゲティでした。
大人になるにつれ、食べる機会が激減していたのですが、ここは一つ、と気合を入れてイタリアンを作ってみました。気合、と書きましたが、いたって簡単です。


画像

材料
パスタ・・100g
タマネギ・・1/2個
ベーコン・・1枚(写真はハーフサイズが2枚)
ぶなシメジ・・拳半分くらい・・入れたかったのに在庫切れでした。もちろんマッシュルームでも可ですが、これも我が家にはありませんでした。ここは気持ちだけ、エアきのこでございます

トマトケチャップ・・80cc
しょうが・・1片
白ワイン・・大さじ1
レモン・・1/2個(絞って果汁を使います)
チキンスープの素・・小さじ1
砂糖・・小さじ1(写真にはありません。ごめんなさい)


パセリ・・入れたかったのに在庫切れでした。これまたエアパセリです
塩・・パスタ茹で用(まあ、適当に)
コショウ・・少々

①タマネギを切ります
画像

粗みじん、くらいでしょうか

②ベーコンを切ります
画像

5~7mm四方くらいの大きさにカット

③しょうがを刻みます
画像

みじん切りにしてください

④ケチャップソースを作ります
画像

トマトケチャップ、しょうが(③で刻んだもの)、白ワイン、チキンスープの素、レモン汁、砂糖をボールに入れて混ぜ合わせてください。写真は、混ぜ合わせる前のものです

⑤パスタを茹でましょう
画像

鍋に塩を入れて・・・
画像

お湯を沸かします。沸騰まで待ちましょう
画像

パスタを茹でます。今回のパスタは9分茹でものでした。お料理に慣れている方は、⑤の手順を先に始めても①~④の作業は間に合います。茹で上がりまで、残り3分になったらソーセージを同じ鍋に投入し、ボイルします

⑥フライパンで具材を調理します
画像

鍋にソーセージを投入したら、同時にフライパンで調理を始めます。まず、バターを敷きましょう
画像

次にタマネギ(①)とベーコン(②)を炒めます。

⑦パスタをフライパンへ投入します
パスタとソーセージが茹で上がるまで、⑥の炒めを継続します。すると、タマネギがほどよくしんなりとなってくるでしょう。
画像

パスタ&ソーセージが茹で上がったら、ザルですばやくお湯を切り、フライパンに投入します
画像

パスタをほぐすようにしながら、ボールのケチャップソース(④)を投入し、よく混ぜましょう

⑧出来上がり
画像

ケチャップソースがまんべんなくパスタになじんだら、お皿に移してコショーを振って完成です

レモンとしょうががほのかに香って、少し大人向けの風味に仕上がります。
見た目に緑が欲しいので、本来ならここでパセリは欠かせないところですが、今回はご勘弁



アルミDONフライパン 27cm 1625m
遠藤商事

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アルミDONフライパン 27cm 1625m の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック