【スポーツ観戦】 アジアカップ 日本対オーストラリア





アジアの頂点を決める一戦は、我らが日本代表対オーストラリア。ここまで1失点と堅守を武器に勝ちあがってきたオーストラリアに対し、日本は先制を許す厳しい試合を勝ち抜いてきた。勝ち上がりの余裕の程は、オーストラリア優位。加えて日本には、W杯ドイツ大会以来のオージーコンプレックスもあったのではないかと、見る側の私は思っていた。しかしながら、今回の代表チームの武器は、メンタリティにあったようで、今大会で積み重ねた試合の中で、「点は取れる」という意識を持っていたように思う。

ゲーム開始。オーストラリアはやはり守りには自信があるようで、日本にボールを持たせながらもシュートは許さない老獪な立ち上がり。攻撃は予想通り、長く高い球をゴール前に放り込んで、セカンドボールから手数をかけずに攻めてくる。オーストラリアの狙いとしてはロースコアゲーム。点の取り合いはしませんよ、というゲーム運びだ。日本はこれといって有効な攻め手を見出せず、前半を終了する。

後半に入ると、ザッケローニ日本代表監督が、さすが戦術国家イタリアの監督、と思わせる采配を見せた。藤本アウト・岩政イン。手詰まりだった攻撃の活性化をDFの投入で図ったのだ。岩政の投入は高さ対策と右サイド内田とのコンビネーション向上だったろう。鹿島時代の呼吸が蘇ったのか、日本の右サイドがこれで活性化した。

それでも試合は0-0。あわや、という場面の数は、やはりオーストラリア有利に思えたが、延長後半になって、左サイドを抜け出した長友のクロスを、直前にピッチに入っていた李忠成がボレーで得点。まさかのファーサイドへのクロスに、オーストラリアは李をフリーにしており、これが決勝点となった。

今日のゲーム、最大の勝因は、ここに至るゲームで培われたチームの一体感になるのだろうが、個人の功績を挙げていけば、やはりザッケローニ監督の采配が一番だろう。李の投入のアタリは、半分以上たまたまのことだと思うが、岩政の投入はやはり効いた。ここ数代の代表監督には見られなかった、戦術的意図を持った交代だったように思う。岩政のディフェンス自体は、エアボールの目測を誤って突破を許すなど、危ない場面も呼んでいたが、サイドを使った反撃の道筋をつけたのは大きい。押されがちなゲーム運びの中で、守備→攻撃の選手交代ではなかったところも、実に合理的だった。

選手で言えば、決勝アシストの長友の運動量も武器になっていたが、私が今日見直したのは、私個人としては好きではないタイプの選手、本田圭である。スピード感こそないが、運動量も多く抜群のキープ力を示した。そして、それ以上にポジショニングが実に素晴らしかった。前半の押され加減の場面では、徐々にポジションを下げてチームに落ち着きを作っていたし、後半から延長にかけては、前線間近でちょろっと出す地味だが効果的なスルーパスの起点になっていた。試合の流れを読み、そして作り直したインテリジェンスは高く評価したい。

アジアチャンピオンの座についた日本代表だが、それでもこの先の改善点は目白押しだ。選手人選のところで言えば、ワントップにふさわしいCFの発掘とドリブラータイプのアタッカーは必須。岡崎以外にシャドータイプのアタッカーももう1枚必要だろう。遠藤のバックアップも急務だし(W杯を睨めばバックアップではなく新レギュラーとして)、スピードのあるセンターバックも欲しいところだ。
技術的な部分では、ボールを止める技術がまだまだ低レベルで、それゆえパススピードが上がらない。攻撃にスピード感が生まれないばかりか、もう少しレベルが上がってくると、ボールの入り際を狙われるのは確実だ。だからパスピードは上げたい。それには止める技術の向上が必須となる。
個人戦術に関して言えば、ルーズボールへの判断・出足の鈍さの改善が挙げられる。韓国戦・オーストラリア戦と、ルーズボールを競り合いにいかない場面が多く、実にもどかしかった。競り損なって、一発で抜かれるのが怖い、というのはあるかもしれないが、あまりにも後手に回る場面が多かったし、それをケアというにはディレイはかけられていなかった様に思うのだ。このあたりの整備は、ディフェンスの国イタリアのザッケローニの指導力に期待したい。

いやあ、それにしても良いゲームでした。おめでとう、日本代表!

日本対オーストラリアのスタッツは、コチラ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック