気になるCM アフラック 新やさしいEVER 「持病の歌」

ここのところ流れているCMで、気になるものがある。
アヒルと猫で知名度を上げたアフラックの「新やさしいEVER」のCMである。
そこでは、テレビドラマ「踊る大捜査線」の署長役、北村総一朗が「僕には~夢がある希望があるそして~持病がある~」と歌っている。YouTubeにもアップされていて、そこのコメントをみると、私の感想とは違い、好意的なものが多い。
ううむ・・。である。

私はこのCMを見るたびに「持病」に悩む人にとって、あまりに軽すぎるのではないか、と否定的に見ている。「夢、希望」と「持病」を、「そして」と結ぶ緊張感のなさは、私には認めがたい。この保険商品が、「そして」と積極的に結べるほど、持病を持つ人々をフォローするものであればまだしも、案の定、保険の引き受け条件は、持病があってもOKとは呼べないものになっている。

CMの雰囲気は確かに良い。北村のイメージもあって、およそ悪意の欠片もない。商品CMというよりも、企業CMとしては大成功であろう。しかし、YouTubeなどに寄せられる好意的なコメントは、持病を持たない人たちのものであろうし、おそらく商品の中身まで吟味することはない。

見かけだけの優しさや和やかさを、無批判に受け止める人々。それ以上に、それを狙ったかのようなあざといCM作りが、私には鼻につくのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック