親分、次回登板へむけて、ニャンコ体操を教わる

「えびさん、いや、えび様、ちょっと教えて欲しいことがあるんだけど・・・」 『何なのだ~?』 「お疲れのところを申し訳ないんだけどね、ニャンコ体操を教えて欲しいんだ」 『体のカタイ親分が?ニャンコ体操?どうしたのだ?』 「お盆の野球大会でピッチャーをしてね、体が固まりそうなんだよ。んでもって、今度の土曜日にも試合が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

えびさん、クロちゃんとの約束を果たす

「こらっ、えびぞー!」 『なんなのだ~』 「とぼけてもダメだ。お前、今朝、脱走しただろ?お家の外で目撃した人がいたぞっ」 『だって、玄関の扉があいていたから・・・』 『お外に出たくなるのは本能なのだ』 「まったく・・・。一応、ノミ取りのお薬を塗っておくぞ」 『うう~。肩甲骨の間にお薬が・・・。つべたい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏バテえびさん、野良猫の台頭を許す?

「こんちは!クロちゃん。今日はいくぶん涼しいね」 『親分さん、お出かけでしたか~』 「ちょっと資料本を買いにね。・・・おや、野良猫くんだ」 『♪俺は野良猫~。ブイブイいわすぜ~』 『僕は面倒は嫌なので、目をあわさないようにするのですぅ』 「クロちゃんはケンカをしない、優しい子だなっ」 『だけど、あの野良猫…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more