親分は、STAP細胞に期待して、オーバーヘッドなのだ

画像

『えびさん、親分さんがクルマでお出かけだそうですよ~』

画像

『そうなんだよ、クロちゃん。親分は今日、病院でMRI検査を受けるのだ』
『MRI?』
『MRIはね、Magnetic Resonance Iimagingの頭文字なのだ。化学分析で使うNMRを医療用に転化したものなのだ。ちなみに、NMRは、Nuclear Magnetic Resonance、核磁気共鳴のことなのだ』
『核ですかぁ、怖い気がしますね~』
『核は核だけど、原子力という意味ではないのだ。だけど、そうして不安になる人もあるから、医療用のネーミングからは、Nuclear=核の文字は外してあるのだ~』
『えびさんは、物知りですね。さすがに僕より年長なのですぅ』
『親分はむかあし、化学を専攻していたのだ。なので、これは親分の受け売りなのだ』

「まあ、私もWikipedia先生に教えてもらったようなものだ。もう詳しいことは忘れてしまったよ。とにかく行ってくる」



----------------------------------------------



「ただいま~」

画像

『お帰りなのだ、親分。検査の結果はどうだったの?死ぬの?』
「死なないよっ。けどまあ、左手のしびれは頸椎症によるもので決定だな」

画像

『どうしたら治るの、親分?』
「手術しかないらしいんだがね、手術しても進行した症状が戻り切ることはないみたいだから、この先も、このしびれとは付き合っていかなきゃならんようだ」

画像

『そうなのだぁ・・・。神経性のものだから、壊れた分は再生しないんだね』
「おおっ。えびさん、なかなか専門的な解説だな。まあ、そういうことだ。」

画像

『で、どうするのだ?手術はするの?』
「3ヶ月ほど様子を見ることにした。症状が進むようなら切ることにしたよ。手術後は、首の強度が落ちるみたいだから、見極め時が難しいんだ」
『でも、症状が治り切らないなら、これ以上悪くならない前に手術した方が良いんじゃない?』
「そういう考えもある。だけど、首が弱ると、サッカーでオーバーヘッドキックとかできなくなるかもしれんだろ?」
『ねえ、親分。首の問題には関係なく、40歳を超えてのオーバーヘッドはどうかと思うのだ~』
「・・・・あとは、STAP細胞に期待だなっ」
『出た~。親分のお気楽トーク・・。仕方がない・・・、小保方さん、親分のためにも、本当のことをっ!』

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ゴールデンウィークの反省

    Excerpt: 『親分、今日でゴールデンウィークもおしまいだよ。どこへも出かけなかったのはどうしてなのだ?』 「・・・それがさぁ・・。皐月賞で3連単を当てただろ?それを資金に天皇賞で勝負に行ったんだが・・・」 .. Weblog: HERMIT COMPLEX racked: 2014-05-07 09:21