【予想】 第30回フェアリーS ★きっちり当てにいく競馬★

出走全馬が1勝馬で争われるのだから、GⅢというよりは500万下条件戦と見た方が良さそう。何が何でも逃げたい、という馬もおらず、全馬が色気を持って走りそうな混戦模様だ。

◎本命は、リラヴァティ。初勝利まで4戦を要したが、走るたびに時計を詰めているのは学習能力の証か。混戦のここ、しぶとい競馬を重ねてきた経験が活きる。中山マイルの内枠の利は公然で本命。

○対抗は、グリサージュ。前走は、牡馬相手のGⅠ、朝日杯FS。出遅れが響き、9着に沈んでしまったが、上がりの脚は勝ち馬に次ぐもので、牡馬相手にも遜色ない切れ味を示した。今回は2度目の中山マイル。走れる条件は揃ったとみる。

▲単穴には、ホットランナー。超スローの新馬戦で、自分から動いて勝ち切った。好判断の鞍上は乗り替わりだが、今回の石橋Jにも「動ける馬」の認識は与えたはず。さしてペースが上りそうにないここでも同様の競馬ができれば。

△押さえの筆頭は、オメガハートロック。直線で前が壁になりながら、上がり33秒9の脚でねじ伏せた。勝負根性には非凡なものがある。ただ、府中での嵌り具合を見るに、中山の今回は逆に不安が残るのも事実。キャリアも浅く、押さえまで。

△そのほか、エクセレントビュー、イントロダクション、アンジュデバンまでを押さえに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック