【予想】 第58回有馬記念 ★きっちり当てにいく競馬★

有力馬のエイシンフラッシュが直前のトラブルで回避し、ますますオルフェーヴル1強モードに拍車がかかる事となった今年の有馬記念。現役最強を標榜するオルフェーヴルもここがラストラン。凱旋門賞帰りの厳しいローテーションだが、昨年は同じく凱旋門賞からジャパンカップに出走した事を思えば、体調面は今年の方が上と見るべきか。
オルフェの他にGⅠ馬としてはゴールドシップ、トーセンジョーダンの名があるが、ゴールドシップは気持ちが切れたかのような凡走が続き、トーセンジョーダンにしても痛恨の大外枠。これではオルフェーヴルの1本かぶりは已む無しだろう。

◎本命は、オルフェーヴル。気性面には常に爆弾を抱えるが、今年の競馬はいたってまとも。その分でもないだろうが、能力的にはやや陰りが出てきているような気はするが、今回のメンバーの中では比較最上位。確たる逃げ馬の姿が無くスローペースは必至だが、ペースが理由でかかる馬ではない。むしろマクリが効きやすい展開を望めるというものだろう。加えて、誘導馬を抱えるがごとくの同厩5頭出し。自滅以外に不安なし。

○対抗は、トーセンジョーダン。前走JCで3着と復活の気配を示した。馬の体調も上がっているのだろうが、JCのレース自体は時計的には平凡なものであり、脚力よりは勝負根性を競った形になったのが良かったのだろう。今回も逃げ馬らしい逃げ馬は不在であり、レースのペースは上がりそうにない。確かに大外枠は厳しいが、2500mもあれば無理せず前目のポジションはとれるはず。凌ぎ合う展開になれば、前走同様にGⅠ馬の根性がものをいう。

▲単穴には、カレンミロティック。金鯱賞を休み明けで制し、勢いがある。内目の枠を得たことで、ハナに行くのはこれか、という見立ての下だが、スローからの瞬発力はここに入っても捨てたものではない。展開利を受けて圏内へ。

△押さえの筆頭は、ダノンバラード。宝塚記念2着は、3強モードのレースに割って入ったもので価値が高い。左回りよりも右回りが良く、天皇賞秋の競馬を度外視すれば減点材料は少ない。今年の年頭にはAJC杯勝ちがありコース適性もまずまず。

△押さえの2頭目は、アドマイヤラクティ。前走JCでは、勝ち馬から0.1秒差4着。力をつけてきていることは確か。厳しい流れになれば底力的に疑問は残るが、今回の有馬記念は少々緩めのレースになりそうで、ここも馬券圏内を争う。

△押さえの3頭目は、ヴェルデグリーン。オールカマーが切れに切れた。それを含め中山競馬場では3連勝中。馬場は軽い方が良さそうで、現在の力がいる中山の馬場は向かない恐れはあるが、JCをスキップしているだけに余力は十分。スローとはいえ、前の組が出入りで消耗するようなら台頭。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック