【予想】 第65回朝日杯フューチュリティステークス ★きっちり当てにいく競馬★

先週に引き続き、舌をかみそうな2歳GⅠ戦。今週は中山マイルが舞台の朝日杯である。
何しろ3勝馬もいなければ、JRA重賞の勝ち馬も1頭だけ、それも牝馬GⅢという、やや出走馬のレベルに疑問を感じるGⅠになってしまった。強い馬を選ぶというよりは、弱い馬を消していく馬券作戦になりそうなのがさみしいところだ。

◎本命は、ショウナンアチーヴ。勝ち負けを繰り返しているが、2度目の出走条件なら勝っているとも見てとれる4戦2勝馬。今回は初のマイル戦であり、順番から言えば「学習する」レースではあるが、距離延長自体は経験済みで、中山コースもクリア済み。先行激化のレースと読み、差し脚が切れるこの馬を抜擢。

○対抗は、アトム。前走はホウライアキコの2着。牝馬を差せなかったのは不満だが、それでもデビュー2戦目での重賞挑戦だった事を踏まえ、今回は伸び代に期待する。直線の坂自体はデビューの阪神戦で経験済み。内目の枠も良い。

▲単穴には、ショウナンワダチ。2戦2勝も経験は府中のみ。中山への対応がカギになる中での大外枠は如何にも不利。それでも上がりの脚はメンバー随一。割り切った騎乗で複勝圏なら十分圏内。

△押さえの筆頭は、プレイアンドリアル。地方所属馬ながら前走はJRA重賞2着。レースぶりを見る限り、ラジオNIKKEI杯2歳Sに出た方が良さそうな気はするのだが、メンバー軽しとみての出走ならば、と裏読みをしてみた。ただ人気になっているようなので、馬券種によっては割愛。

△押さえの2頭目は、ベルカント。牝馬の挑戦になるが、唯一の重賞勝ち馬はこの馬。持ち前のスピードで押し切るには最適な1番枠を得たのは実に強運。先行勢の姿が多い中で、前の組では力的にはこの馬が最上位とも見え、目標にされる不利はあれども、ハナを切りやや力の落ちる好位勢が自身の後ろで壁になってくれれば、あれよあれよもありそう。

△押さえの3頭目は、ウインフルブルーム。中1週のローテーションを嫌って評価を下げたが、レースセンスならばこの馬か。前走の走破時計は阪神JFの勝ち時計に匹敵。今年は牝馬上位というのならば・・・。

△押さえの最後は、ツィンクルソード。日本語の発音じゃねえだろ、っていうような馬名はともかく、距離延長の前走に好感。さらなる1ハロンに対応できれば面白い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック