【予想】 第8回阪神カップ ★きっちり当てにいく競馬★

有馬記念の後に重賞が組まれるのは、やはりしっくりこないのは私の年のせいか。
阪神カップは1400mのGⅡ戦。なんとも微妙な設定のレースである。有馬を当てて、ここも当てて、快調にコロガシ達成となれば、今年の競馬も大団円なのだが・・。

◎本命は、ダイワマッジョーレ。中段からの鋭い差し脚が安定している。前走マイルチャンピオンシップでもきっちり2着しており、ここのところの充実ぶりは出色。コース損のない内目の枠も得て、ここは負けられない一戦。

○対抗は、サダムパテック。プレクラシックシーズンでは、オルフェーヴル以上の評価を得ていた評判馬。古馬になりマイル路線に進んで念願のGⅠ勝ちを収めたのが、もう1年前。同期のオルフェ同様、若干能力に陰りは見られるが、まだまだ差し脚は上位評価できる存在で有力。

▲単穴には、コパノリチャード。3歳の身でマイルチャンピオンシップ4着と、その前走スワンS勝ちがフロックでなかったことを証明した。皐月賞挑戦で崩したリズムを立て直しており、距離短縮の今回、逃げの粘りがさらに。外枠に好走が多い本レースの傾向も味方に。

△押さえの筆頭は、エピセアローム。久々だったオパールSを勝った後の京阪杯は7着だったが、時計自体はコンマ3秒差とさほど負けていない。走り頃の叩き3走目。

△押さえの2頭目は、ガルボ。寒くなってくると走る重賞常連組。府中得意の印象は強いが、右回りも十分こなす。昨年のここでも2着の実績ありで、軽視はできない。

△押さえの最後は、クラレント。先行する脚、抜け出す脚と共に一級品。ただし、右回りがどうかの不安がついて回る。脚力に期待するならば、と考えての押さえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック