【予想】 第30回マイルチャンピオンシップ ★きっちり当てにいく競馬★

春のマイル王決定戦は、ロードカナロアが制し、2着にもショウナンマイティが突っ込んで、マイル路線組の格そのものに疑問符がつくカタチになった。その余波でもないのだろうが、マイルチャンピオンシップにも天皇賞(春)2着のトーセンラーが参戦してきた。マイルGⅠのタイトルホルダーも4頭出走しているが、調子を崩していたり、ムラ駆け傾向が強かったりで、確かに信頼するには不安は残る。

◎本命は、ダノンシャーク。今年に入ってからの充実ぶりを買う。中でも安田記念3着は、今回のメンバーの中では再先着の実績。叩き2走目の前走、富士Sをきっちり勝って、王道路線でここへ進出してきたローテーションにも好感。特に減点材料はなく、軸ならこれ。

○対抗は、ダイワマッジョーレ。安田記念ではやや力差を感じさせられたが、休み明けのスワンS2着で立て直した。馬はまだまだ充実期であり、ここで改めて期待。スワンSよりも差し馬向きの流れになりそうな点も買い材料。

▲単穴には、グランプリボス。マイルGⅠ2勝の実績は最右翼。この3戦精彩をかいているが、もとよりのムラ駆けタイプ。見限るには早計だろう。自分の脚はきっちり使って上がってくるので、ごちゃつかない外目の枠が道中のリラックスにつながれば。

△押さえの筆頭は、マイネイサベル。正直なところ内目の枠が欲しかったところだろうし、こなすようになったとはいえ、右回りは得意でもない。それでも決め手はここでも随一。エリザベス女王杯を見送っての参戦を決めた意欲を買いたい。三連複ならこれから流そうかな・・・と思うくらい。

△押さえの2頭目は、コパノリチャード。前走スワンSで見事な復活劇を見せた。嵌った感はありありで、今回はそう楽に行かせてはもらえないだろうが、逃げ馬ならではの怖さはある。要注意。

△押さえの3頭目は、ドナウブルー。先行してなだれ込むような上がりの脚を使うこの馬には京都外回りはベスト。ワンパンチ足りない印象はあるが、コースをいかせるようなら。

△押さえの4頭目は、ダークシャドウ。4歳時の毎日王冠の勝利劇は衝撃的ですらあったが、思えばそこから未勝利。やや衰えを感じないわけもないが、このメンバーならまだ戦えそう。揮わない近走ですら、上がりの脚だけはきっちり使っているところに注目したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • モンクレール アウトレット

    Excerpt: 【予想】 第30回マイルチャンピオンシップ ★きっちり当てにいく競馬★ HERMIT COMPLEX/ウェブリブログ Weblog: モンクレール アウトレット racked: 2013-11-28 04:00