【予想】 第46回スプリンターズステークス ★きっちり当てにいく競馬★

電撃の6ハロン戦、GⅠスプリンターズSが行われる中山競馬場は、台風の影響も少なそうで、現在のところ、レースの時間帯は小雨模様。それまでの降雨もほとんどなく、馬場状態は良で行われるだろう。例年の傾向では外枠有利のレース条件となるが、その外枠に注目馬が多く入って、混戦は必至だ。

◎本命は、カレンチャン。休み明けの前走では、プラス22キロの馬体に斤量56キロ。もともと叩き良化型なところへ加えて、この混戦で斤量減の55キロは大きい。計算上も勝ったエピセアロームとの0.1秒差も逆転が可能だ。強力な僚馬はいるが、まだまだ主役は譲らない。

○対抗は、パドトロワ。夏以降、一皮むけた印象で、目下重賞2連勝中。逃げてしぶとい脚を使い、昨年のここでも2着している。力をつけた今回、逆転まで。

▲単穴には、ロードカナロア。高松宮記念3着で、その前が怒涛の5連勝。いまだ複勝圏を外したことがないのは、条件を問わず力を出せる証拠。しかしながら大外枠は、外枠有利とはいえ、スプリントGⅠではさすがに歓迎できない。あと一歩、という馬は、同じ結果を繰り返すもので・・。

△押さえの筆頭は、フィフスペトル。休み明けを苦にせず走り、中山得意。1,200mは少々忙しいが、力の割には気楽な立場で、一発が怖い。

△押さえの2頭目は、ドリームバレンチノ。函館SSでは、ロードカナロアに土をつけた。間隔の空いた前走でポカがあったが、見限るには早い。

△押さえの3頭目は、エピセアローム。セントウルSでは、スプリンターとしての素質を垣間見せた。とはいえ、内枠発走の利があったことも確かで、一転、今回は外枠。強力な◎○に挟まれるプレッシャーも楽ではなさそう。人気との兼ね合いで取捨。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック