遠藤・長谷部コンビに見直しを 【ウズベキスタンにも破れ、アジア三次予選で2連敗】





小手調べ、足慣らしのアイスランド戦を経て、Wカップアジア三次予選の最終戦に臨んだサッカー日本代表だったが、ホームゲームにもかかわらず、満足なチャンスシーンも構築できずに0-1の完封負けを喫した。
ゲーム後には、ザッケローニ監督が「決められるべきを決めておかねば」といった主旨の発言をしていたが、決定機を決められないのがサッカーと言えばサッカー。チャンスの数を増やす工夫を考えるべきで、それをリードするのは監督の仕事であろう。長友の負傷交代というアクシデントはあったが、効果的な選手交代のカードも切れずにこの発言では、この先に不安を覚えざるをえない。

いつも通り4-2-3-1の布陣で臨んだ日本代表だが、本田選手の欠場もあってトップ下にはドルトムントの香川選手が入った。香川選手自身は負傷明けだったが、コンディション面ではさほど問題はなかったように見受けられた。問題があったとすれば、ワントップに入ったハーフナー選手とのコンビネーションの部分だ。ハーフナー選手が楔のパスを落として、それを香川選手が展開、といった場面はほとんど無かった。このハーフナー選手の使い方においては、ひとり香川選手だけの問題ではなく、チームとしてもやや曖昧な部分があったのではないか。サイドからの放り込みの的に使うといったことがせいぜいで、それも左サイドバック長友選手のセンタリングが数えるほどにあった程度。「つないでつないで、そして崩して」に意識が向くあまり、ロングボールを使ったペース変更やミドルシュートなど、いわゆるジャブに相当する攻撃の手を使えなかったことも痛い。そのため攻撃のリズムは単調で、ウズベキスタンディフェンスは、時間とも共に日本のやり方に慣れてしまった。また、「つないで攻撃」の意識は、シュート数の少なさにも見てとれ、この辺り手段の目的化が起こってしまっているようにも思う。男子代表戦の後で行われたなでしこジャパンの川澄選手の決勝点ではないが、シュートを打つという行為にもう少し意識を持ったほうが良い。

意識の問題はともかくも、前線選手のデキは、それでもまだ悪くは無かった。デキ自体に疑問を持ったのは、遠藤選手・長谷部選手の両セントラルMFだ。両者のポジショニングはあまりにも低かったように思う。試合は、ウズベキスタンのカウンターにやられたわけで、その点を見ればこの指摘はあたらない、という向きもあろうが、失点したことよりも得点を取れなかったことを考えれば、機を見て攻撃に厚みとアクセントを加えるのは彼らの役割であり、事実、これまでの試合ではそれがなされていたはず。セルジオ越後氏がツィッター上で「遠藤が消えてるなぁ」と発言なさったそうだが、これには私も同感である。チームのキャプテン長谷部とチームの心臓遠藤の両選手ではあるが、ここのところアンタッチャブルな存在になりつつあり、批判の矢面に立たされることが少なかったように思うが、この状態ならば他の選手を試してみるべきであるだろう。最終予選に向けてそんな余裕はない、と聞こえてきそうだが、最終予選でそれをやれば良い。彼らをサブに回して様子を見るくらいの基礎的なチーム力はあるはずだ、と思うからであるし、厳しい場面で試さなければ、実力が伸びることもないと思うからだ。課題だった彼らのバックアップを作るという作業にもなるし、何より、考えてみれば先のW杯以来、一番伸び代に欠けるのは、チームの心臓部でもあるこのポジションだと思うのだ。ならばバックアップ以上を期待するのがチーム力向上の企図というものだろう。果たしてザッケローニ監督に思い切った手が打てるか、注目である。その他にも右サイドバック内田選手の試合感の無さや、相手にプレゼントボールを渡しまくっていたGK川島選手など、気になる点が噴出した試合だったが、このあたりは、勝ち抜けが決まっていた試合ゆえの気合の問題、という気がしないでもなく、そう重大な問題ではない。もっと言えば、代えてしまうことに遠藤・長谷部コンビほどの重みはない、と言えば言い過ぎか?

もうじきJリーグが開幕するが、代表のセントラルMFを務められそうな選手の出現に期待したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック