2011 FIFA Club World Cup FCバルセロナ4-0アル・サード





ヨーロッパチャンピオンのバルセロナが、シャビを温存したまま、アジアチャンピオン、アル・サードを一蹴。アル・サードは確信犯的な守備ありきのフォーメーション5-4-1で臨んだものの、MFラインとDFラインのギャップでミニポストを使うバルサのパスワークにあっけなく崩されてしまった。攻撃ばかりに目がいってしまうが、守備に見せるバルセロナのチェイスにも見逃せないものがあった。ボールを失うと、すぐにプレッシャーをかけ、アル・サードのカウンターを発動前にほぼ封殺していた。

こういったプレッシャーがかかる場面でのつなぎの技術の差が、まだまだ欧州・南米のトップチームとその他を隔てる大きな壁になっているように思う。つまりは、止めて蹴る、という基本の基本の部分なのだが、強いチームほど、それが徹底されているように見える。加えていうと、バルセロナに特に顕著なのだが、パスはグラウンダーがあくまで中心。グラウンダーのパスはやはり速く、それゆえバルサの攻撃はスピーディだ。
一方でJリーグのゲームを見ていると、このパスがけっこう浮いていることが多い。グラウンダーという滑らかさはなく、ゴロといった感じだろうか。何やかんやでバウンドするパスを送り、トラップで手こずる・・・。その繰り返し、積み重ねで攻撃は遅々とし、時にボールを奪われてしまう。

それはさておき、これで決勝はサントス対バルサと、いたって平穏だが、最高の対戦となった。準決勝を見ている限りでは、サントスの守備が不安にはなるが、私は昔から南米びいき。バルサのサッカーは、見ていて楽しいが、応援はサントスでいかせてもらう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック