東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ  日本代表 対 Jリーグ選抜



未曾有の大震災を受けて、復興を祈願するサッカーのチャリティマッチが、大阪で行われた。アジアカップを制するなど、就任以来負けなしと快調に強化を進めているザッケローニ率いる日本代表と、ネームバリューならまだまだ現代表にも引けをとらないメンバーを集めたJリーグ選抜が戦った。

試合内容は、さておこう。アジアカップメンバーが先発した前半は、リーグが開いて間無しのJリーグ選抜を翻弄し2点を奪った。Jリーグ選抜のコンディション不良は致し方なく、一方の代表チームはヨーロッパ勢がシーズン真っ盛りの体調で乗り込んできているのだから。

後半、この試合最大の目玉と言っていいかもしれない、KING KAZU 三浦和良選手が交代出場した。Jリーグ最年長、44歳になるカズだが、本人が口にしていたように、体調は良さそうに見えた。そのカズが、ゴールを決める。
GKからのパントをトゥーリオが競り、流したボールをカズがハーフボレーのようにゴール右隅に沈めた。飛び出してくる相手GKの脇を抜く簡単ではないシュートだったが、かつてを思い出させる決定力だった。

正直なところ、開催したことだけに意味を感じるような、内容には欠けるゲーム展開だったが、このゴールは多くの意味を与えてくれるものとなった。継続すること、あきらめないこと、戦い続けること、少なくない人々にかみ締める思いを抱かせるゴールだった。

試合後のインタビューで、「今後もチャリティマッチがやれれば良い」と、カズが語っていた。そうなのだ。サッカー選手にとってサッカーをすることは日常であり、被災地へ向けたプラスアルファではない。日常を変わらず送れるという感謝はあるにしても、こういう時なのだ、全ての人がプラスアルファをできる範囲で協力するべき時なのだと、私は思う。サッカー選手が、「サッカーしかできない」と言うのであれば、彼らにできる最大のプラスアルファはやはり、チャリティマッチであろうと思うし、同じく試合後に小笠原選手が話していたように、「明日、被災地の子供達がサッカーボールを蹴って遊んでくれれば」というような力にもなるはずだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック