【スポーツ観戦】 アジアカップ 日本対韓国

遠く中東カタールでの日韓戦。公式戦での対韓国とあって、テレビ観戦にも気合が入った。ジャッジの有利不利に関してはプラマイゼロだとは思ったが、笛が少々軽かったようには思った。ファーイーストダービーということで、ゲームを冷静にさせたい、という慮りだったかもしれないが、もう少し流してもらったほうが現代的だったのではないだろうか。

前半の立ち上がりは五分五分。どちらかといえば韓国の方が懐を深く構えた省エネ運転をしていたようだった。中間の日程的には、日本が1日有利だっただけに、日本側にはここで押していくという戦術もあったはずだが、日本の攻撃はコーナーキックを稼ぐだけに終わってしまう。韓国はセットプレー対策に自信があったようで、さほど慌てた様子は無かった。

先制点は、ロングボールから怪しめのPKを得た韓国。日本はこれを追いかける展開になってしまったが、選手達に慌てた様子がなかった。今回の代表チームのメンタルはなかなか素晴らしい。ここから同点に追いつくまでの試合展開は、なかなか見ごたえがあった。連携で左サイドを崩し、きっちり中で合わせたゴールシーンは、サッカーの醍醐味を凝縮して見せてもらった気になれた。

反対に延長に入ってからは、じつにドロドロとしたゲーム展開。当事国でなければただただ退屈なだけの試合になってしまったが、これもまたフットボール。プレゼントバックのPKでリードしたかと思ったら、終了間際に同点に追いつかれるドラマのような展開が待っていた。同点にされる直前には、私が守備力を買っている本田拓がピッチに入ったが、彼のファールで与えたFKからゴールを奪われてしまった。何でそこでスライディングにいくの!?というファールだったが、このあたりが途中出場の難しさなのだろう。足が止まった仲間の中で、活力がある自分が行かねば、という意識が働いたのだろうか。本田拓には良い経験にしてもらいたいところだ。W杯予選はもっとしびれるはずだし・・・。ザッケローニには、イタリア流の守り切る極意も仕込んでもらいたいものである。

PK戦は、オシムじゃないけど、運みたいなもので、今日は川島が当たった。とはいえ、日本サポーターには嬉しい限りだ。

気になったところは、選手交代のカードがうまく切れなかったように思えたザッケローニの采配である。日本選手の足が止まり始めてもなお、交代に動けなかったように思えたのだ。控え選手への信頼が薄い、といえばそれまでなのだろうが、そうであるならばベンチのクオリティアップは大会後の急務だろう。修羅場に耐えられる経験値を持った選手を補充しておきたいところだ。さらに言えば、攻撃用の切り札も用意しておきたい。今回の代表チーム、まとまりのある良いチームだと思うし、年齢の割には成熟しているようにも思えるが、点を取りに行くオプションはいかにも頼りない。高さなのか、ドリブルなのか、一発芸的な武器を持っている選手も欲しいところだ。

スタッツはコチラ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック