読書 「造花の蜜」

画像


連城三紀彦の「造花の蜜」を読了。

幾層にも重なった入れ子構造になっていて、私が読んだ文庫版の上巻まではなかなか楽しい読書であった。ネタバレ→誘拐事件と思いきや、実はどちらかといえば、ある種の詐欺事件だった、というアイデアは実に秀逸だった。ただ、いかんせん、そこからはあまりにも蛇足が過ぎる。最初の川田くん関係の事件だけで、もっとスマートにまとめてあればオススメものだったのになぁ、というのが素直な感想だ。前段階のトリックの余韻を利用して、さらにもう一段のしかけを施してあるのだが、作品世界におけるトリックではなく、読んでいる読者をひっかけるためだけのものである。作者としては「してやったり」なのかもしれないが、私にはルール違反の反感の方が強く感じられた。


それから・・・。読みづらい文章である。

物語には主人公といえる主人公は登場しない。そこが一つ読みづらくさせている要因なのだが、やはり最終章のためには回りくどい表現をとらざるをえなかったのだろう、と読了後には想像することができるが、読んでいる間は、イラチの私には辛いものがあった。その点からも、川田くん関連だけで事件を収め、文章表現を磨いた方が良かったのではないか?と感じた。








造花の蜜〈上〉 (ハルキ文庫)
角川春樹事務所
連城 三紀彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 造花の蜜〈上〉 (ハルキ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




造花の蜜〈下〉 (ハルキ文庫)
角川春樹事務所
連城 三紀彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 造花の蜜〈下〉 (ハルキ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック