ご近所猫の冬毛マフラー

昨夜は私の方が外泊し、自宅に戻ってきたのは今日のお昼ちょっと前。
ベランダにある猫用ダンボールマンションの脇に置いておいた、ご近所猫用のエサは完食してあったので、私がいなかった夕べも彼はちゃんと帰宅したようだ。エサトレイを洗ったり、マンション内のタオルを干したりしてると、ご近所猫が朝のパトロールから帰宅し、ベランダ下から声をかけてきた。
私は表に回ってスキンシップを図ることにする。

画像

「お前、冬毛が伸びてマフラーみたいだな」
『けっこう暖かいんだよ、親分』
「だからといって、あんまり遅くまで出歩くんじゃないぞ」
『パトロールは重要なのだ』

画像

『親分、今夜は宇多田ヒカルちゃんのライブを観るんだろう?』
「よく知ってるじゃないか」
『その間はお出かけしても文句はないよねっ』

という約束の通り、宇多田ヒカルのライブをUstで観た後、帰ってこないご近所猫を探して近所を散歩。200mくらい歩いたところで彼を発見。一緒に帰宅した・・・が、晩ごはんを食べると、彼は再び出撃・・・。あのう、そろそろ外気が氷点下になりそうなんですけど・・・。ほんまに猫はコタツで丸くなるのか??

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック