ご近所猫 カリカリくんもイタダキマス

昨日の冷え込みは、それほどでもなく・・・ではあるが、玄関脇のダンボールマンションで眠るご近所猫には、果たしてどの程度寒さが堪えているのかはわからず、少々もどかしい思いをしている私である。

今朝もご近所猫の寝起きは、南側駐車場に回っての日向ぼっこ。そこへ私が持ち込んだ朝ごはんを食べて始まった。
画像

『親分、今日の朝ごはんはうまいね』
「今日のメニューは、カリカリくん+私の晩ごはんの余り物のサカナをフレークにしたものだよ」
『うん、うまいよ』
「! けっこう、カリカリくんも食ってるじゃないか、お前。偉いぞ」
『腹ペコは、最良のシェフなのだ』

朝の抱っこ時間の後で、ご近所猫はお出かけ。
今日はいつもと違う方向へ出かけていったので、それはそれで不安になるが、まさか塀の上を歩いてついても行けず、お帰りを待つばかりであった。

夕方、私がクルマに乗って出かけようとすると、出かけた方向の塀の上から、ご近所猫がニャアと鳴いて、私を呼んだ。とっさにはどこにいるのか分からず、辺りをきょろきょろしていた私だが、やがて塀の上をニャン、ニャンと歩いて来るご近所猫を見つけた。こう、嬉しそうにされると、可愛さ100倍である。これは彼の好きな柔らかフレークを買ってきてやらねばなるまい。

ご近所猫、晩ごはんはご馳走だぞ!
※ただいま、彼は夜のパトロールに出撃中です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック