読書 「インシテミル」

画像

何だかよく分からないタイトルが気になっていたのだが、それゆえの胡散臭さも感じて、なかなか手が伸びなかった一編「インシテミル」。テレビに映画宣伝のために、出演者が連出しているのを見て、「勝負」とばかりに買ってみた。綾瀬はるか天然ぶりに騙されてみるか、と思ったのだ。

地下室「暗鬼館」に、12人が閉じこもる。高額なアルバイト料が支払われる「人文的な実験」の被験者として集められた彼らだったが、主催者(雇い主)の目的は、その「暗鬼館」の内部で、彼ら被験者に殺し合いをさせ、かつ推理ゲームを展開させること。バイトの時給112,000円に対し、探偵ボーナス、助手ボーナス、被害者ボーナス、犯人ボーナスがつけられており、「うまく」すれば、7日間のバイト代は天文学的な金額になるが・・・。

物語は結城の目を通して描かれる。暢気、とも言えそうなほど楽天的な彼の視線、感情をベースとしているので、クローズドサークルでの連続殺人も、それほどおどろおどろしくは感じない。なので緊迫感には欠けるが、反対に、世界観そのものにトリックが仕込まれているのか?と読者たる私は疑心暗鬼にとらわれ、中盤まで物語世界に集中できなかった。

私には最大の疑問であった「参加者が何も起こさずに7日間を過ごせば、それでも1,800万を超えるバイト代になるにも関わらず、なぜ連続殺人が始まったのか?」に対する答は、結城の推理によって、とりあえず納得はできた。ネタバレ→主催者による起爆剤として、自殺志願者が紛れ込まされていたのだ。これにより、疑心暗鬼にとらわれた参加者達は、自衛と疑心暗鬼の世界に囚われていくのだった。

それでも、大迫と箱島を殺した犯人の動機については、理解するのはかなり難解だった。ネタバレ→関水は、このバイトを通して、10億円という金額を手にしたかった、というのが動機。それには、何事もなく時を過ごしたのでは足りず、探偵ボーナス、助手ボーナス、被害者ボーナス、犯人ボーナスなどを駆使しなければならなかった、というもの。が、私が「うん?」と思ったのは、ボーナスの詳細に関しては、被験者達は採用決定後に知らされたはずで、募集広告の「その他ボーナス」だけでは、10億に届くなど分からなかったはず、という点だった。が、よくよく冒頭部分を読んでみると、募集は紙メディアの求人広告だけでなく、電話や人づて、(インターネットも含めるか)など、双方向メディアを通して採用されている者もあった。・・あるいは雑誌広告に対しても「質問する」という手もあったかもしれないと思い至った。主人公、結城はクルマが買えれば、程度の金額でOKだったので、時給だけで足りる話であり、詳しい条件をつめなかっただけ、のことだったのだ。と、一応、納得してみた。それにしても、結城が、関水に10億円が必要、という具体的な推理に至った理由は、ちょっと分からずじまい。読み返せば、どこかに匂わせてあるのかもしれないが、まあ、そこまでしようとは私は思わないので・・。sorry

かなり作りこんだ仕掛け、舞台設定であり、私の好きなパズルもの、という点では、文句はない。ないはずなのだが、どうにも「面白かった~」感には欠ける、というのが我が感想。特殊すぎる舞台設定が嫌だったのかなぁ、と思うのだが・・・。その分、映画で見ると、面白いかもね、とも感じたのだった。
ところで。・・綾瀬はるかに騙されて、というのならば、映画を見ろ?と言われそうである。それはその通りなのだが、なぜだかその通りには、人は(私は)動かないのだから、・・動機って難しいね(苦笑)。


インシテミル (文春文庫)
文藝春秋
米澤 穂信

ユーザレビュー:
面白かったけど続編を ...
原作通りは難しかった ...
クローズド・サークル ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by インシテミル (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • インシテミル

    Excerpt: インシテミル (文春文庫) [文庫]  著者: 米澤 穂信  発行所: 文藝春秋 kato(s)です。 7日間のデスゲーム・・・ 『超高額の時給につられて集まった12人の男女。 だが彼.. Weblog: 読書クラブ racked: 2010-12-12 01:19