【読書】 日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える

画像

主にミステリを中心に読む私だが、ここのところ「ハズレ」を引かされることが多くて、たまには気分を変えてみようか、と新書を購入してみた。新書にしても、いつもであれば「自然科学系」の本を買うのだが、(これで一応、元理系男子なのです)慣れない社会経済の本(もちろん入門編)を買ってみたのだ。さぁ、これで「ハズレ」本脱却はなるか?と思っていたのだが・・・。

私も一国民として、日本の経済状況というのは気になっているし、社会全体を覆っている閉塞感みたいなものも感じている。残念ながら、その処方箋を提示できるような力は私にはないが、提示されたものを考える力は持っているつもりだ。で、本書なのだが、著者の高橋洋一の言いたいことは分からなくもない。主張する基本中の基本は、GDPギャップの解消をこそ、政府はリードしていくべきだ、というものだ。ただ、いくつかの問答を通して、「考え方」は示してはあるが、高橋の「考え」そのものを書いた部分は、どこにもない。自分なら、という意見がないのだ。高橋としては「政治家」が考え、国民が選べば良い、という姿勢をとっているようである。自分は、政治家ではなく、それに助言する立場というスタンスをとりたいようだ。あるいは「皆さん、考えることが大事なんですよ」と言いたいのかもしれない。ま、これはこれでアリである。好きか嫌いかは別として・・。
だが・・、感情的な表現になって申し訳ないが、「偉そうな」物言いをする著者だなぁ、と感じざるをえなかったのは事実だ。いち本読みとして、感想を述べさせてもらうと、高橋の論を読んでいる、というよりは、いつしか高橋の職務経歴書を読んでいるような気になってきていた。文中のあちらこちらに、元官僚である氏のかつての「手柄話」が、これでもか、と織り込んであるからなのだが、本作中の中で検討する材料がない以上、そこまでしてそれらの例を織り込まねばならないものとは思えなかった。このあたりの「論」そのものではなく、自身を売り込もうとする姿勢が、どうにも鼻につき、途中からは斜め読みに読み飛ばしてしまった。

本ブログを書こうとして、氏の経歴を調べてみたが、どうやら、窃盗の容疑で書類送検をされたことがあるらしく、目下、そこからの這い上がりを目指しているところらしい。なるほどなぁ、それでこのような本になったのか、と腑に落ちた。過去の栄光よ、再び、といったところなのだろう。

氏の起こした事件そのものは、結局、起訴猶予で終わったようではあるが、当然、当時の大学職などは追われ、著作から名が削られた、ということもあったらしい。社会的な制裁は受けた、という立場なのだろう。が、それならば、いや、それだけに、「論」だけで著述すべきだったんじゃないかなぁ、と私は思っている。正直なところ、お金を出して、誰かの職務経歴書を読みたいとは思わないから。
この本も、ハズレだったなぁ・・・。

著者の姿勢が気にならない、寛大な方にはどうぞ↓

日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える (光文社新書)
光文社
高橋 洋一

ユーザレビュー:
簡単な内容かと思って ...
数字で判断・・・グラ ...
施政者の視点筆者であ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える (光文社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック