何という弱腰か 中国漁船船長、処分保留で釈放へ





尖閣諸島事件の中国漁船船長を釈放するそうだ。
民主党政権は、「検察の判断」と言い、政治判断ではないという姿勢をとりたいようだが、一方の当事国・中国が外交問題として捉えている以上、単なる外交上の弱腰、と見られても致し方ない。いや、外交上の圧力に屈したというよりも、明らかな内政干渉に応じてしまったと見るべきだろう。レアメタルの輸出制限が堪えたのか、中国人の観光ツアー中止が痛かったのか、はたまたフジタ社員のポカをフォローしようとしたのかは知らないが、国益とは、経済によるものだけではないはずだ。
釈放の報道後の中国の対応を見ていても、裏で工作した様子も感じられない。中国側から見れば、日本が領土・領海問題で折れた、としか見ていないようだ。日本は圧力に屈して勝手に折れた、そう見ているはずである。こちらで勝手に降りても、中国が嵩にかかって言い募ってくるのは目に見えるような気がするのだが・・。

そのうち、尖閣諸島近海で、日本の漁船が中国に拿捕された、なんてニュースが流れるんじゃないだろうか?弱腰外交のツケは大きそうである。

政権交代には期待したのだが・・・・。
総選挙、しましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

質問します
2010年09月24日 20:47
あなたが首相なら、どう対応しましたか?
2010年09月24日 21:39
内政干渉には応じられない旨、表明します。同時に、オープンにはしませんが、中国側との対話のルートを探ります。
日本国はどこにあるのですか?
2010年09月25日 00:03
9.24
この屈辱の日を忘れるな!
では対馬は日本の領土?
九州は?日本は?どこの国の領土?

この記事へのトラックバック