読書 「東京ダモイ」

画像


第52回江戸川乱歩賞を受賞した作品で、著者は鏑木蓮。本作がデビュー作だそう。
乱歩賞を同時受賞した早瀬乱の「三年坂 火の夢」は単行本段階で既読だったのだが、この年は2作とも近代日本が舞台になっていた訳だ。

再会」の選評で、東野圭吾が述べていた「乱歩賞の傾向と対策」に、キレイにのっかた作品と言える。そのココロは、あまり知られていない専門的な分野をテーマに据えること。本作「東京ダモイ」においては、それがシベリア抑留になっている。タイトルのダモイとは、シベリアからの「帰還」のことだ。零下50度にもなるシベリアの冬を、抑留者たちを支え、またある意味では苦しめたのがこのダモイという言葉だった。

帝国軍人の誇りを忘れるな」と叱咤する鴻山中尉が、ある朝、首を一刀両断されたかのような死体で発見される。しかし、抑留地での事件でもあり犯人不明のままとなる。その後、抑留者たちもいよいよ日本への帰還(ダモイ)を果たす。抑留地の中で俳句を通して絆を深め合った5人の男たちは、別れの句を交わし日本の各地へ散り、それぞれの人生を歩み始めたのだった。そして60年が経過。抑留地での事件は遠い遠い過去のものとして埋もれたままであってほしかったに違いない。しかし、舞鶴港ロシア人女性の死体があがり、眠っていた抑留地での事件が鍵を握ることが明らかになり・・・。

現在の事件の犯人は、登場人物を拾い上げ検討していくと容易に想像はつくし、本編でも比較的早い段階でアタリはつけられている。その警察捜査が、一人のベテラン刑事の勘というよりも願望に近いもので進められていたり、60年前のトリックにしても昔の子供向け推理ムックにありそうなものだったりするが、テーマの重厚さで読ませている。このあたり、ミステリ愛好者には好き嫌いがはっきり出そうだ。
シベリア抑留の様子は、高津耕介という登場人物の句集兼手記に描かれており、これが良く出来ている。シベリアの気候はもちろん、収容所内の人間関係もステレオタイプかもしれないが、さもありなん、と胸に落ちる。この作中作の著者、高津を主人公に据え、彼の視点で事件を描ききれば、より私好みではあったように思う。




東京ダモイ (講談社文庫)
講談社
鏑木 蓮

ユーザレビュー:
作者は上手く纏め上げ ...
シベリア抑留を知らな ...
いかにも乱歩賞らしい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京ダモイ (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック