読書? 「モーツァルトは子守唄を歌わない」

画像


お昼を食べた赤兎馬というラーメン屋さんで、珍しい本を見つけた。本といっても、モノはマンガ本である。タイトルは、「モーツァルトは子守唄を歌わない」。
原作者は森雅裕という人なのだが、どうも出版各社と諸々トラブルを起こしたらしく、今や一般的な商業ルート(書店)では著作を手に入れられない状態になっている。そんな彼の作品をなぜ知っているのか?というと、彼がまだそういう境遇に陥る前、もう25年ほど前に原作本を読んだことがあったから。私は高校生で、ちょうど「アマデウス」という映画の影響もあり、面白しろそうな本だなぁ、と手にしたのだった。
モーツァルトの死の謎を追うハードボイルドチックな、ベートーベンという設定が面白くて、覚えていたという訳なのだ。ほかにも、サリエリシューベルトらが登場し、ユーモアと浪漫あふれる好ミステリーだった。とはいえ、覚えているのはそこまでで、作中の雰囲気が良かったなぁ、ということは確かなのだが、話のスジはまったく頭から消えてしまっている。こりゃあ、このマンガで再読しなきゃなぁ、と思っているところなのである。
写真で分かるように、マンガを描いているのは少女漫画家。男のワタシには・・ということもない。「ガラスの仮面」、「ぼくの地球を守って」で、一応経験済みなのだ。問題があるとすれば、この赤兎馬さんのラーメン。

画像

あんかけでやたらに味が濃い。味の濃さに対して麺が弱いのも泣きどころ。周りのお客さんが食べている他のラーメンを見ても似たような色をしているので、味も似てるんだろうなぁ・・・。4巻のうち1巻は本日読了したので、あと3冊を何とか読んでしまいたいのだが・・・。いかん!4巻で終わっているのかを確認していないぞ!アマゾンを覗いても、全何巻かが分からない。ミステリー物の最終巻(と思しきもの)を先に見るわけにもいかないし、尻切れトンボだったらどうしましょ・・・・。
実家に原作本、残ってたかなぁ?
送ってもらおうかなぁ?



モーツァルトは子守唄を歌わない (fukkan.com)
ブッキング
森 雅裕

ユーザレビュー:
ぜひ復活を!!!乱歩 ...
これは文句なしに面白 ...
文句なしに面白い!ウ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by モーツァルトは子守唄を歌わない (fukkan.com) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック